オゾンマーケットは国内製造と機能にこだわった Sky.s株式会社のオゾン用品専門サイトです。

【徹底解説】オゾンとは何か?

目次

オゾンとは何か?

オゾンは(O3)と呼ばれ、簡単に言うと3つの酸素原子からなる同素体です。

オゾンに種類と言う物はありません..

つまりはどこから発生してもオゾンであればオゾンはすべて同じ効果をもちます。

皆さんがオゾンと聞いてよく思い浮かべるられるのは、上空高くに存在する「オゾン層」だと思います。上空25km付近のオゾン層のオゾン濃度は約10~20ppm程度と高濃度ですが、通常の大気中では約0.005ppm程度 存在しています。また、日差しの強い海岸などでは約0.03~0.06ppm、森林では約0.05~0.1ppm 程度のオゾン濃度が観測されます。

オゾンは結合が弱く、(O3)から、安定性の高い酸素(O2)に戻ろうとする性質があり、分解される際、反応性の高い酸素原子を生み出す特性があります。この特性が高い抗酸化力を生み出す原因となっております。

オゾンの安全性は?

日本産業衛生学会ではオゾンに関する作業環境での許容濃度を0.1ppm以下と定められております。

【作業環境での許容濃度】
労働者が1日8時間、1週間40時間程度、肉体的に激しくない労働強度で有害物質に暴露される場合に、当該有害物質の平均暴露濃度がこの数値以下であれば、ほとんどすべての労働者に健康上悪い影響が見られないと判断される濃度のこと。

明確な基準があるので、濃度を守れば、オゾンは安全性が高い物質であると考えられます。

オゾンの殺菌力の秘密

オゾン分子(O3)の、細菌やウイルスに対しての効果は、不活性化…つまりは生存が不可能になり増殖に転化できない状態にすることができると言った点であります。

【図解】オゾンが細菌に対して何故有効なのか?

また、オゾンは既存の細菌やウイルスに対して、効果があることが証明されております。

【図解】公的機関を始めとした、オゾンの実証データの一覧

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる